大工新堂の想い

寂びる家

木の家と土の壁は、歳月を経てどんどん趣を増す
傷やひび割れさえも

自然素材は、雨、風、太陽にさらされて、その存在感を増す

そう、大工新堂が作る家は、寂びて その唯一の価値を増してゆく

aboutshindo

古き良き家造りへの想い

家造りへの思い
「家は新築で建てて、入居した瞬間から中古物件だ」と言われます。
このような資源や資産を無駄にするような考え方は、おかしいと思います。

時が経つほどに、その価値が上がっていく家。
西洋の建築物ではそのような考え方があるのに、なぜ日本の家はそうじゃないのか。
いや、日本古来の建築物もそうであった。
土壁と木の家は、風雨にさらされ、歳月を経て、その深みと趣を増す。
日本古来の美の価値観の1つ『寂び』。
この思いでつくるのが土壁と木の家、寂びる家 古き良き家造り

土に還る材料で作る家、土壁と木の家。
大工新堂が造る家は、通常の木造住宅よりも多くの木を使います。
逆に言うと、そのぶん工業製品素材が少ない。
土にこだわり、木にこだわる。


人にやさしい家、土壁と木の家。

ふんだんに木を使うので、家じゅうが木のいい匂いで満たされ、気持ちが落ち着きます。
家に帰った瞬間の“ふうっ”という感じ。
実は新築後、何年にもわたって木から“フィトンチッド”と言われる物質がふわふわと揮発しているのです。

無垢の木
裸足で歩くことが気持ちいい無垢の木の床。これに尽きます。

調湿効果
土と木が、湿度が高い季節には湿気を吸い、湿度が低い季節には室内の湿度を上げてくれることで、
ほぼ1年じゅう快適に過ごせます。
大切な赤ちゃん、肌への負担をかけたくない人、エアコンが苦手な人などに喜ばれています。

大工新堂が手がける土壁と木の家“寂びる家”は、このような思いと考え、特徴を持って建てています。

 

 

【 大工新堂、自己紹介 】
 屋号:大工新堂 
住所:神奈川県湯河原町 
出身地:青森県三沢市 
家族:妻と3歳になる娘 
主に湘南、鎌倉で土壁と木の家を造る工務店。 宮大工を経て、土壁と木の家専門の大工に。 
1本1本の木が持つ特徴を見極め、その特徴を活かして躯体を組み立てる“手刻み”にこだわる。 
古材を活かすことや、柱と梁の強度、構造、美しさのバランスを見極めることが得意。 

自分の子どもが小さいので、ちびっこたちへ配慮した土壁と木の家造りは、お任せ下さい! 
また、古民家のリノベーションや、木造りの幼稚園や保育園の建設、木の遊具製作なども
お問い合せ下さい!

建物の補修につきましては、
無料診断をうけたまわっており、
補修しやすい積み立てシステムも導入しております。